ABOUT

泥臭さは、美しい。 懸命に生きる草木は、 なぜあんなにも美しいのだろう。 雨に打ちひしがれ、 踏まれながらも耐えて成長する。 そのか弱くも力強い様に、 生命の偉大さを感じてしまう。 人の姿もまた同じ。 結果はもちろん大事だが、 頑張り抜くその姿こそ、 敬意を払うべきなのだと思う。 スマートを生きる今の時代に、 より本質的な価値を見出そう。